原因不明

日本人の多くが悩みを抱えている「腰痛」

その80%が原因不明の「非特異的腰痛」といわれるものになります。


原因というのはいわゆるレントゲンやMRIなどで発見することができるヘルニアや圧迫骨折、脊柱管狭窄症などを指します。重度の場合は手術が適応になることがあります。

一方でレントゲンに反映されない筋肉や靭帯の過剰な収縮、痙攣は画像で視覚的に捉えることができないので原因不明「非特異的腰痛(原因不明)」となります。


本来、腰痛は時間の経過とともに緩解することが多いですが、時間ともに動作の制限を感じたり、生活動作に支障が出ると体をかばい、痛みは悪循環を起こし慢性化します。


当院にはそういった悪循環に陥っている患者さんが多く来院されます。

ご相談ください。

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

【病院?】手首、指が痛い【接骨院?】

こんにちは!わかば町はり灸接骨院です。 家事や事務作業で手首や指が痛むことはありませんか? よく見てみるとボコッとなってきて変形している場合もあるかもしれません。 たかが手指と思ってなかなか診察に行かない人が多いようです。 確かに腰や肩に比べると面積が少ないですもんね。 中には「指って診てもらえるんですか?」と驚きの声を聞くこともあります。 主な疾患は ・指の変形 へバーデン結節 ・腱鞘炎 ドケル

Q,湿布は何時間貼ればよいのでしょうか?

基本的には、1日1回タイプの湿布は24時間、2回タイプの湿布は12時間貼るのが推奨される用法なのですが、実際には長い時間貼り続けると皮膚がかぶれやすくなります。 また、多くの湿布で6〜12時間貼った場合、剥はがしてからでも皮下の筋肉や関節に消炎鎮痛剤がしばらく残っているので、効果が持続します。 湿布の種類によって異なりますが、だいたい1日1回タイプなら10〜12時間、2回タイプなら6〜8時間くらい

夏の空調

暑くなってきましたね。当院では先日エアコンのクリーニングを業者にお願いしていました。 コロナウイルスの関係もあり院内の空気環境はキレイにしていきたいですね! 夏になりクーラーを使い始めると冷房症による体調不良を訴える患者さんが大勢います。 オフィスのデスクの場所によっては風向が直撃している!!なんて話もよく聞きます。 特に露出部分の愁訴を抱えている方は注意が必要で、首肩こり、肘、手首の腱鞘炎は夏の