​神経痛

よくシビレとして症状を発します。わずかなシビレから、重度のものまで患者様によって様々です。

神経痛は「圧迫」と「血流障害」によって起こります。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は背骨(腰椎)で圧迫を受け、足に症状を呈します。(坐骨神経痛)

必ずしも腰痛とセットで起こるわけではありません。

長期にわたって圧迫を受けているとシビレ以外に歩行障害や感覚障害を

起こします。

坐骨神経痛は膀胱直腸障害も併発し、その場合は手術も検討します。

神経の滑りが悪くなることで体の動きも悪くなりやすいので運動療法も効果的になります。

​このようなものを神経根症といいますが、ほかにも糖尿病などによる血管性のシビレもあるので注意が必要です。