​物理療法

固まった筋肉、腫れによる痛み、血流改善に有効

温熱や電気の力を利用して急性慢性の症状に合わせた痛みの緩和が期待できます。

狙う筋肉の深さや症状の範囲に合わせて様々な周波数の器機を用います。

また、複数の器機を組み合わせて使用することもできます。

痛みの緩和には「高周波」+「微弱電流」、

こりや張りといった慢性の症状には「低周波」+「温熱」が効果的です。