当院の施術の特徴

☑ 慢性症状は原因を突き詰めない!!

​腰痛のせいで肩がこる。いや、そうじゃなく肩は肩で別の原因があるのかも?最近マスクしているせいで頭痛するのかな?あ!もしかしてスマホ首ってやつ?
腰が痛い。最近肩もこる。そうなると頭痛もするし気持ちも晴れない。
薬もらって飲んでるけどなんか効かないし、薬物性頭痛とかってのもあるらいいけど​薬をやめればいいのかな?
思い当たる原因が多すぎて手が付けられない問題

“あなたの腰痛は骨盤がずれているからだよ”

“これはヘルニアだねぇー”

​“関節の間が狭くなっているね”

こんな風に言われた経験はありませんか?

世の中の腰痛肩こりの70%以上が慢性症状で、そのほとんどが原因不明と言われています。

実は慢性腰痛の方に原因を突き詰めてもほとんど意味がありません。

​なぜかというと、慢性化した腰の症状の他にもなんらかの合併症状(足のしびれ、肩のこり、便秘、関節の変形、ストレス、頭痛)を伴いそれがどこが事の発端なのか医学的に区別がつかない状態です。

症状のオンパレード、痛み苦しさの宝石箱状態です。

例えばヘルニアの手術の話

「病院でヘルニアと言われて手術した。1年くらいは良かったがまたしびれてきて腰痛も再発した。手術は成功したと言われた。」

​Complete!!

確かに手術は成功しました、原因を取り除いたけれども症状はまた出てくる。因果関係は不明。

こういうパターンが多いのです。

​ではまた手術をすれば痛みは取れるのかというと違いますよね?

慢性症状はその「痛み自体」が原因なのです。

 

慢性症状にはまず痛みを和らげる必要があります。原因をどうにかするのはその後です。

「なんかちょっと楽かも・・・!」

​これが第一歩です。

当院ではいきなり原因をどうにかする施術ではなく、

「原因がなんであってもまず“痛み(症状)”を楽にする」

「少し痛みが引いたら活動レベルが下がらないようにマイナス要素を減らしていく」

そういう風に考えています。

​原因を治さないと痛みは引かないと思っている方にこそ当院へご来院をおすすめします。